FC2ブログ

38.クシュワント・シン『この世の天国』、Khushwant Singh, Paradise and Other Stories, published by Penguin Books India 2005, first published in India 2004.

paradiseBBB.jpg クシュワント・シンの好色魂は健全だ
秘め事のセックスの彩りはなく
人間の生産行為としてのセックスを
人間にとって本物である何か
誤魔化しようのないものとして描く
宗教対立の惨劇については
責任ある態度を表明している
そしてあるべき宗教のゆるやかな姿を明かそうとする
欧米との関係・交流については
ナショナリズムの枠を超え
植民地インドの「犯された」経験と
逆にインドの人々による植民者たちへの
反撃=「侵犯」行為を描く
クシュワント・シン晩年の短篇集
『この世の天国』は
意表をつくアイディアとユーモアで
作家にとって重要ないくつかのテーマを
さまざまな視角からふところ深く
織り上げている


   クシュワント・シンは好色な作家だ。シンの好色は、人間にとって本物である何かを明かそうとしている。逆に、シンは今の世の中を擬制としてとらえ嫌っているように思える。今ある社会は、虐殺(例えば印パ分離独立の)忘却のうえに成り立っている、と思うからだ。クシュワント・シンの中には、性への欲望という自然肯定と、虐殺を何とか回避したいという抑制・倫理、人工的な反自然がせめぎあっている。

   なぜ人はセックスをするのか。これも考えてみると良く分からないことだけれども、単純化して言うと、自らの遺伝子を残し、形を変えて生まれ変わり、自らを永遠に生きさせたいと思うからだろうか。クシュワント・シンのこの短篇集は、好色な彩りとともに、子供を産む、子宝に恵まれる、ということがらを巡って、さまざまな物語が広がってゆく。“子を求む”という短編では、仕事の都合で避妊をしていた二人は、そろそろ子供がほしくなってくる。しかし、なかなか子宝に恵まれず不妊症に気付く。インドでは、少なくともこの短編を読む限り、子をもてない夫婦は非常に不幸である。この問題の解決策は、何とも大胆で、意表をついている。男は事件の真相に気付かず、その愚かな味わいがまたいい。

   インドの新聞を読むと、よくホロスコープの広告がでていて(たとえば「恋人を信じられますか」というような惹句がついている)、ナイポールが呆れるような事態も(占星術師がマーケッティングを行う)、あながち誇張ではないことがわかってくる。・・・この短篇集でも、ホロスコープがいくつもの場面で登場する。“一生の占い”では、ヒンドゥーの教えに凝り固まった一家の秀才が、ホロスコープで結婚相手を決める。が、そこから悲喜劇が生じる。シンは、ホロスコープに依存する愚かしさを理屈として論破するのではなくユーモアとして笑いとばしている。シンのユーモアには、インドの現実への抗議が含まれていて、少し啓蒙的な匂いもする。

   僕は、とくに特定の信仰をもっていないのだけれども、宗教・信仰については、それがまるで人類のおおきな謎のような気がしてずっと興味をもってきた。若いころは、宗教をバカにしていた。吉本隆明の“マチウ書試論”を読んだころからか、宗教・信仰が人々にとってただならぬものに思えてきたのだ。聖なる体験として宗教というエリアーデの考えに触れ、一層宗教が重要なものに思えてきたのだ。
   ところで、クシュワント・シンだが、シンも宗教について狂信者から一番遠いところから、神を信じ祈ることの重要性、超越的な存在としての神による人々の倫理の統御を重視しているように思える。“桑の木”という最後に収められている短編は、意表をつくユーモアではなく、作家の根本にある思想・信条を、落ち着いた筆致で描く好短編に思えるのだけれども、シンの宗教観が良くでている。・・・主人公が追う謎の女は、教育があり西洋風で酒を飲み、煙草をおおっぴらに吸う、つまり宗教的な規範・拘束から自由な女でありながら、ブロンズや大理石の偶像に足しげく通いミルクを注ぐ者なのだ。主人公のヴィジャイは不思議な魅力を彼女に感じる。彼女は、ヒンドゥー寺院、モスクのわけへだてなく、祈る人々の傍らによりそっていることを好む女なのだ。そこが、僕には一層興味深く共感をそそる。彼女の、宗教への関わり方は、クシュワント・シンの宗教への思いを、素直に表現しているようにも思える。
   逆に、シンが許しがたいと思う宗教の姿も、この短編“桑の木”で描かれている。ヴィジャイは、ヒンドゥー寺院の前のパーン屋で、ヒンドゥー教徒のいささか狂信的な若造に脅される。謎の女を探しにきたヴィジャイは、そのパーンワラにウルドゥ語詩人のことばをひき演説をぶったからだ。インドは、ギリシャ・エジプト・ローマとならぶ偉大な古代文明のひとつであり、そのなかでも唯一現代に生き延びた文明であるにもかかわらず、今は無知と迷信の残骸の下に埋もれている、とヴィジャイは嘆く。若造は、ヴィジャイをムスリムと誤解し、威嚇するのだ。寛容の精神の欠如、信仰の形式化、知を、他者の文明を敵視する狭隘なドグマティズム、暴力への短絡が、シンにとっては宗教の本質を踏みにじるものに写っているように思う。

imagesCA1DETZC.jpeg
大インテリの風貌;クシュワント・シン
1915年現パキスタン、サルゴーダ生まれる
インドでもっとも著名な作家であり、コラムニスト
また、『シーク教史』の大著をもつ
1984年のブルースター作戦(インド国軍による
シーク教本山、ゴールデンテンプルへの攻撃・虐殺)
に抗議し、パドマ・ブーシャン勲章を政府につき返した

   クシュワント・シンは、宗教の本質的な機能に充分な敬意を払いながらも、現実のインドにおける宗教に対しては独自の立場をとっている。他方、欧米の文化に対しても、これも繰り返されるテーマであるのだけれども、シンは一筋縄ではいかない見方を示す。最初に収められた短編、“この世の天国”は、シンの欧米に対するフィーリングの一端を表しているはずだ。欧米の人々は、それぞれの事情をインドに仮託してインドにやってくる。しかし、それらの人々は、彼らの意図とは違う体験をし、ある場合にはインドに「犯されて」帰ってゆくのだ。

   この短篇集を読みながら、インドは何とも御しがたい魅力に充ちた国だ、とあらためて思った。そして、クシュワント・シンの小説は、物語を読む楽しさを与えてくれるとともに、インドの御しがたい魅力が何なのかを思い起こさせてくれるのだ。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

August Party

Author:August Party
元気な南アジアの作家達をともに発掘してゆきましょう。気分でその他のジャンルも取りあげたい。
画、舟越直木作“微笑む少年”2009年

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR