FC2ブログ

113.アダム・ロバーツ『超快速・旬の・究極の国、現代インドの休みなき発明(作り話)』Adam Roberts, Superfast Primetime, Ultimate Nation: The Relentless Invention of Modern India

無題
1.占い師はモディに希望を見出す
ビヒム・ジョシの栖みかは、デリーのゴヴィンド・プリの陋巷にあった。彼は、30年間占い師で食べてきた。インドの未来はどんなものなのか、私は聞いてみた。ナレンドラ・モディが首相になり、インドはおおいに繁栄する、とジョシは占った。…ジョシの預言は、かなりの確率ではずれる。

(インドの今の現実の風景が呼び起こされるとともに、英国風のシニカルな味わいが、随所に顔をだす。どれだけうまく理解できるか覚束ないが、ゆっくり楽しみながら読んでいこう。)

私(アダム・ロバーツ)は、テレビのトークショーでインドの将来について論じさえした。インドのこれからの繁栄を語るのは、今、もっとも好まれるテーマだからだ。
インドの潜在的な力は以前から言われていた。そして、インドに必要なのは、新しいリーダだ、と。…そういう状況においてヒンドゥー至上主義の抬頭は何を意味するのか。ナレンドラ・モディも、その基本は反エスタブリッシュメントである。強くて大衆迎合的(というより民衆に何がうけるかを知っている)な政治家が権力の座を占める、そういう世界的潮流のなかに、モディもいる。

(モディはインドに繁栄を齎すことができるのだろうか、中国のように。)

2.取り残された土地に生きる人々の最近の変化
ヒマラヤの裾野からそう遠くないインド北東部において、アッサム州はとりわけ貧しい。その貧しい土地に、美しいブラフマプトラ川が流れる。そして、今、この土地をヴィーヴェカーナンダ特急が走る。インドを見るには、鉄道に乗ることだ、と言う人がいる。しかし、鉄道の実態はみすぼらしいものだ。鉄道事業の停滞は、インドの停滞を象徴している、かのようだ。ヴィヴェック特急にのれば、インドの停滞の核心が見えてくる気がする。列車のなか、性転換したヒジュラが物乞いをしている。列車はジグザグに南に向かう。その人は、母親をより良い医療を施すために、母親をタミルナードゥの病院まで連れてゆくのだという。小水の悪臭漂うヴィヴェック特急に揺られていると、逆説的に、容易に改革できることは、実に多いと思えてくる。インドは、このような非効率をあらためようとしている。鉄道省の総裁は、鉄道の近代化をインドの経済発展のモデルとしたい、と語っていた。だが、組合は改革には強い抵抗を示す。
(インドの長距離列車に乗るには、ある覚悟が必要だ。チケットの購入が幾分改善されたとはいえ、依然、過酷なものなのだ。だが、あのインドの鉄道列車が快適なものになるとは、私は考えたことすらなかった。)

このインド北東部の孤立した5000万の人々は、50年間、苦しんできた。彼らは、ずっと自分たちをインド人とは思ってこなかった。中央政府の当地に対する補助金は略奪され続けた。だが、携帯電話と格安の航空網が、彼らを孤立から開放し、分離独立のゲリラ勢力を後退させた。出稼ぎによる収入の増大が、ゲリラによる争闘の明け暮れを遠ざけたのだ。極度の貧困の改善の兆しがここにある。


brahmaptra river
ブラフマプトラ川


3.貧困の経済から開発経済へ
インドにおける経済発展が議論される場面で、アマルティア・センが取り上げられるのは、めずらしいことではない。センは、絶望が改革の原動力になりうる、と考えているふしがある。人々の幸福を考えること、つまり絶望的な現実から人々を救いだそうとする試みは、批判に晒されにくい、というセンの計算を考えてしまう。アマルティア・センは、生活と活動の拠点をロンドンにおいて、南アジアの絶望的貧困を論じる。

経済的な豊かさに関して言えば、南インドは際立っている。カルナタカ州の生活水準は、他の東南アジアの諸国とくらべてもひけをとらない。しかし、問題は、その経済的な豊かさの中でも、例えば、乳児死亡率は極めて高いということなのだ。…グジャラートにも豊かなところがあるが、その医療体制はひどい。インドでは、ある種の繁栄を享受しているかに見える地域でも、基本的な社会サービスの欠如が明らかなのである。

スーラト(グジャラート州)は賄賂のない都市だ。スーラトの繁栄を支えているのは、ジャイナ教徒たちに支えられたのダイヤモンド産業である。スーラトの成功は、地方政府の努力によるものだ。スーラトの改革は、モディの登場とは関係ない。

ナレンドラ・モディの目論見は、グジャラート州に多くの製造業を立ち上げることだった。事業家にとって魅力的な利便性のある環境を、モディは用意した。投資家は、モディに近づき、彼は投資家のプロジェクトを後押しした。モディは事業家を遠ざけたジャワハラル・ネルーとは違ったのだ。

郊外の荒地に壮大なビル群を建てようとしている。あるいは、アーメダバードの郊外には、奇妙な名前(“リビエラ・ブルース”)の街を作り、中産階級の人々が住んでいる。
すべてがおぞましい計画というわけではない。グジャラートの事例は、インドの発展と現代化の先触れと考えてよいのか、迷うところだ。

4.会議派の後退とモディの改革
(インドの社会は、経済成長だけでは測れない振幅をもっている。どんな社会でも程度の差はあれ同じかもしれない。が、とりわけインドでは貧困が、実に豊かで様々な表情を見せる。たとえば、祝祭と信仰がそうだ。金はきわめて重要だとしても社会の本質のすべてではない。そこにインドの社会と人々の不思議な魅力がある。)

マンモハン・シンの首相時代(2004~2014)は、それ以前のどの時代よりも経済的には上手くいった。シン首相の功績のひとつは、インド中央銀行の改革だ。有力政治家と癒着した銀行の旧弊を改め、疲弊した地方銀行を立て直し、海外からの投資をよびよせたのだ。シン首相は、非効率な官僚制度を抱えながらも、統一的な税制による均質な市場を整えていった。そして経済はゆっくりと上向いていったのだ。

シン首相は、より率直に国有企業を民営化するという明確なメッセージを発するべきだった。シン首相は、インド航空を民営化したかった。彼は、改革をしくじったのではない。彼は、改革の重大な方向性を十分に理解しながらもそれに手をつけられなかったのだ。

国民会議派の党首ソニア・ガンディーが閣僚の指名や重要な方針を決定しているにもかかわらず、シン首相は、ソニアとの軋轢を、また自らの望みを、無防備に伝えてしまうところがある。

サンジャイとインディラがあいついで死亡するとラジブが四十の若さで首相となった。そのラジブもタミル独立派の自爆テロで暗殺され、ラジブの妻ソニアにところに、会議派のリーダーの役が回ってきた。ソニアは、2004年の総選挙で会議派に大勝利を齎す。が、ソニアは会議派の分裂をまねく。
ソニアは、イタリア北東部の生まれで、父親は、ムッソリーニを支持するファシストの石工だった。ソニアとラジブは、ケンブリッジ大学で知り合ったのだ。

sonia.jpg
ソニア・ガンディー

BJP(インド人民党)も早くから経済の改革・開放に取り組んでいた。地道な成果をあげてきた。2014年、インドの人々はとうとう会議派に見切りをつけた。しかし、ナレンドラ・モディ政権の初期の経済政策は貧弱に見えた。モディは、グジャラートでの会議派との争闘と同様に、デリーでもさんざん苦々しい思いをした。自由な市場、民間活力の推進といった彼の政治的掛け声にもかかわらず、最初はうまくいかなかったのだ。独立の事業家などいやしない、みな政府とのコネで財をなしたのだ。賄賂で票を買う政治家に自由経済など関係ない。それでもモディは元気で調子が良かった。新しい政権はシン政権時代の旧弊を粘り強く断ち切ろうとした。モディの激しい行動が、ある程度、贈収賄をやりにくくした。高額紙幣の廃止は、モディの強い意志を示すとともに、政敵の資金源を断ったのだ。

5.インドの新しい産業とハイテク
インドという国が、改革に本腰を入れ始めたのは、1990年代のことだ。締め付けのあとの開放感で、経済は力強く成長した。当時の雰囲気は、十年のうちにインドはまったく生まれ変わり、米国のようになるのだと、多くの人々が信じていた。ただ、インド政府は、東アジアにおける輸出主導の成長モデルをインドが追うことには懐疑的だったようだ。それよりも、人々の生活の基本となるようなものの生産(例えば、電球を作ること)により力をかけたかった。
 
インドにはしっかりしたインフラが必要だし、ビジネスの成長のスピードを奪う規制も多い。ルノーは、インドの車市場と当地での車の製造に魅力を感じていたが、劣悪なインフラが彼らの投資を躊躇させた。フォックスコーン(台湾系、製造請負業)も、インドの豊富な労働人口に着目したが、膨大な書類仕事に嫌気をさしてしまった。

非常にうまくいっている会社もある。一例をあげれば、カジャリアKajaria陶器という会社だ。本業の陶器類の製造だが、余力でクリーンエネルギーの売電事業といった先進的な取り組みを行っているのだ。だが、その雇用はきわめて限られている。
政府主導の産業は、相変わらず、旧態依然とした装置産業が主なのだ。雇用を求める人々の数は膨大だが、雇用はごくわずかなのだ。逆説的に聞こえるかもしれないが、インドで熟練工を雇うことも至難なのだ。とかくインドでの事業は簡単ではないのだ。

インドで元気な企業というと、一風変わった仕事が目立つ。ティルマラ寺院(南インドのヒンドゥー教寺院群)における毛髪の輸出ビジネスは、寺院を現に富ませている、という。
(参詣者の剃髪の残骸を輸出して儲けているのか。…こんなことが仕事になるのか、といったことで結構ビジネスが成り立っている現実がインドにはある。これらを、インドの後進性とは私はみない。)

豊かで多様な自然(タミルナードゥのバックウォーターやカシミールの雪景色)と人類の至宝ともいうべき豊かな文化遺産をもつインドだが、訪れる外国人観光客は800万人に過ぎない。インドの観光産業には二つのおおきな障害がある。一つは、名所旧跡へのアクセスの悪さ(例えばハンピ遺跡には、バンガロールからでも、特急とは名ばかりの夜行列車に一晩揺られなければ辿りつけない)、また、もう一つは、女性旅行者の安全だ。インドは、外国人女性が一人で旅するには、それなりの用心と覚悟がいまだに必要な国なのだ。

hannpi222.png
中世ビジャヤナガル王国の都、ハンピ遺跡

ナレンドラ・モディは、科学を古代に融合させる。『ヴェーダ』には、すでに宇宙探査の記述があるとか、ガネーシャは、古代において成形手術が行われていた証拠だという話を好む。モディは、インドの多くの人々が、神秘主義よりもヒンドゥー教と新しい技術が熱狂することを良く知っている。

モディは、新しい技術が役人や政治家の腐敗を根絶する、と確信しているかのようだ。噂では、モディは、部下や政敵についてハイテクな方法でつねに追跡しているのだと噂されている。また、モディは、自らの選挙戦で3次元ホログラムを使って、素朴な人々を熱狂させたのだ。

今や、かつぎ屋さんにとって携帯電話は必需品だ。あるいは、自家用車を所有するなどという古い考え方に我々は振り回されない、と多くの人々が言う。携帯電話の普及が、弱い通信事情を劇的に改善したように、新しい技術が、弱いインフラを補い発展させる、と。

(インドでは、技術革新が、インドの今の問題を解決する、という信仰にも似た考えが流行している。役所の仕事の効率化を、政治家をめぐる贈賄の根絶を、教育機会の拡大を、技術革新が齎すと。公衆衛生も、都市の公害も、上下水道の整備も、快適に移動できる鉄道網も技術革新が解決する、と彼らは言うのだろうか。)

6.インドの民主主義におけるファミリー王国と汚職の帰結
(インドの人々は、インドにおける民主主義の伝統と価値を誇りにしている、路上生活者にも選挙権を確保しているのだ、と。だが、インドの民主主義といっても、それを長く支えてきたのは、血のつながりを重んじるファミリー王国((これは、ガンディ家による政治支配から企業まで、ひろく認められる現象だ))と、これもインドのあらゆる場面で跋扈する汚職なのだ((学校、警察機構、役所からプロのクリケット・リーグまで汚職まみれなのだ))。実際、ファミリー王国と汚職の時代が長く続いた。多くの近代国家が、ファミリーと汚職に一線を引いてきたのと対照的に、インドでは、ファミリーと汚職には、欧米諸国とは別の価値・システム・楽しみがあるようなのだ((インドでは汚職につて人々は嬉々として語りあう))。インドのファミリー王国と汚職を、欧米のそれらの常識と単純に比較して批判してはならない、と思う。だが、変化はすぐそこまでやってきている。モディの出現は、ファミリー王国と汚職にうんざりしているインドの人々に((インデラの孫ラーフルがファミリー王国の終焉を演じた))、いささか専制的であろうと、ファミリー王国や汚職とは別のダイナミズムを届けようとしている。)

rahul gandhi
ラーフル・ガンディー
インデラの孫、国政を差配するガンディーファミリー王国は、
ラーフルの代で地方政治家に後退した

7.選挙はいつまでも終わらない、だが、変化の足音がする
デリーでの挨拶は、政治の話からはじまる(アミット・チョウドリーに言わせると、カルカッタの挨拶は、食事の話から始まる)。政治の話の中心は選挙だ。ところでインドは、世界最大の民主的な選挙を実施する国でもある。選挙のサイズも興味深いが、特筆すべきは、インドにおける選挙が、インドの人々にとって一種の娯楽であることなのだ。
(私の子供時代の日本もそうだった、候補者をまるで隣人のように感じ、応援したり、非難したりしたのだ。選挙から祭の雰囲気がなくなって((それはどうしてか、金銭による振舞いがなくなったことと関係していまいか))、選挙がつまらなくなった。)

以前ほどではないとしても選挙における不正はあいかわらず続いている。村の長が、村民全員分の投票をとりまとめ、競売にかけたりするようなことが、以前は行われていた。もはや、そのような目立つ不正は姿を消したが、様々な不正が横行しているのだ。死亡者の投票権は格好の売買の対象であり、複数の候補者に賄賂を要求する者もいる。また、ダミーの候補者をたて票を分裂させる手もある。賄賂はしばしばアルコールやドラッグで供されるのだが、見返りは確かなのか候補者には分からない。不正を行う候補者は、重い負担を背負うことになるが、一体いくらかかるのか分からないのだ。
今や、多くの者が、はした金で票を売る愚かさに気付き始めている。もはやグループの投票ではなく、個人の判断で投票する時代になった。それは都市部だけの傾向ではなく、農村部においてもこの傾向は顕著なのだ。農村部の人々も、携帯電話やオートバイの利便性を享受しているからだ(つまり経済の発展を実感しつつある)。有権者の意識の変化にいち早く気付いたのがモディだった。この変化を如実にしめしたのが2014年の選挙だった。モディは、経済の発展を選挙の公約にしたのだ。自主決定する流れのなかで、都市部のみならず農村部を含めた数億人の有権者が新たに生まれた。若い有権者は、自分の将来が重要なのだ。新興の中産階級の人々は、過去の貧しさに引き戻されるかも知れない恐怖をいつも抱えている。2016年の選挙におけるBJP(インド人民党)の圧勝は、多くの人々が経済が悪くなることへの恐れに起因する。

bjp symbol
インド人民党のシンボル

7.今どきの話題;男と女(性)
北インドにおける女子の出生率は、男子のそれと比較すると100分の1なのだ(信じられないが、そう著者は書いている)。その結果、例えばハリヤナ州では、今、深刻な嫁不足に陥ってしまった。ただ、大物政治家に女(性)は多いのは、どうしてか。
男子尊重の伝統には、悪名高いドウリー(嫁の側からの嫁ぎ先への結納金)が背景にある。娘を嫁がせるには、多額のドウリーが欠かせない。また、ドウリーが発端になって嫁の虐待が始まるケースも珍しくない。ドウリーは、法律で禁じたにもかかわらず今も続いている。
数世代が同居する大家族は以前より少なくなったとはいえ、まだ数多く存在する。
姑の嫁いびりは、何もインドに限ったことではないが、姑も嘗ては嫁だった、といった昼メロは、いまでも根強く人気がある。(同じ女(性)、人間なのだという認識が、嫁・姑の現実の問題を解消するはずだという物語なのだろうか?)
今、結婚に際して、義理の母がどのような人なのかを調査する探偵業が繁盛している。家族のトラブルは、母親に問題がある場合が多いからだ。だが、嫁の理想も高く、現実の結婚生活を見ていないところがある、とその探偵社の責任者は語る。また、その探偵社は全国展開していて、仕事をもった女(性)が、その地を離れ嫁ぐことは(例えば、ボンベイからデリーへ行く)、きわめて難しい、のだとも言う。(女(性)の社会進出に伴うあらたな制約という意味で、興味深い。)
今、自立する女(性)、嫁たちの姿が確かに明らかになりつつある。経済的に自立し得る女(性)は、問題があれば、速やかにそこから退散するのだ。
インド経済における女(性)の数はまだ少ない。中国では労働生産人口の40%が女(性)であるのに、インドでは17%に過ぎないのだ。インドの女(性)がより積極的に働きだしたら、経済は60%も拡大する、と言う学者がいる。

vrindavan,widow
メナム川沿いの古都ヴリンダヴァンで
自らの死を待つ女(性)たち

嘗ての嫁の現在は厳しいものだ。アグラに近いヴリンダヴァンというところは、年老いたホームレスの女(性)が、死を迎えるためにやってくるところだ。息子は、870マイルも車を運転し母親を捨てに来た。(母親の意志なのか、あるいは、家族の決定なのか、分からない。嘗ての嫁である姑と、経済的に自立しうる女(性)との間で、インドの女(性)をめぐる環境は激変しつつある。それは、どのような未来に行きつくのか。経済の躍進とインドらしさの喪失というイメージが浮かびあがってくる。だが、問題はもう少し別のところにありそうだ。)


8.今どきの話題;環境問題
ガンジスの平原が、高温多湿に喘いでいる季節(摂氏50度を超えることもある)、カシミールの山岳地帯への巡礼(ヤトラ、アマルナートの聖なる洞窟を目指す)は、まさにうってつけなのだ。だが、この年、130人もの人が亡くなった。事故(なぎ倒しによる圧死や交通事故か)心臓発作や高山病と原因はさまざまだ。この高山地帯へTシャツでやってくる者がいる。酷暑に暮らす彼らには高所の冷気を想像することができないのだ。繰り返される死亡事故は防がねばならない。だが、美しい山脈の傍らの谷に散乱するゴミも問題なのだ。公共の場所におけるインドのゴミは目も目も当てられぬほど深刻である。
                          
Amarnath.jpg
アマルナート
                                                                             聖なるガンジス川は、皮肉なことにもっとも汚染の激しい川なのだ。
バラナシの寺院の僧侶が、毎日、ガンジス川の水質を検査している。その結果はまさに恐るべきものなのだ。僧侶は「ガンジスは下水ではない」と吐き捨てるように言う。ガンジス川には、農薬や工場排水などのあらゆる有害物質が流れ込む。そして、バラナシでは、毎年3万もの生焼の遺体が流されるのだ。ナレンドラ・モディは、首相になると、ガンジス川を清浄化する、と宣言したのだ。

燃料にする乾燥牛糞も衛生上問題が多いのだが、インドでは道端にはしばしば人糞さえ取り残されている。トイレの普及よりも携帯電話の普及が先行してしまった。そして、村では、たとえトイレがあったとしても、外で用をたすことが好まれる。また、デリーには、皮肉なことに“国際トイレ博物館”なるものがあるのだが、デリーのもっとも格好をつけた地域でも、公共トイレはまったく不充分なのだ。

ヒンドゥー教徒に比べムスリムは経済的・教育的レベルが一般に低く、劣悪な環境で生活している。にもかかわらず幼児の死亡率が低いのは、戸外での排便の習慣がないからだと考えられている。

デリーの大気汚染は中国以上に深刻だ。秋の祭り、ドゥワリーの花火は、殺人的な空気汚染をもたらしている。デリーの子供たちの肺には、いつも痰がつまっている、多くの人が話す。

ナレンドラ・モディは、空気清浄化を宣言する一方で、インドを世界の工場にしたがっている。その工場の電力は、大半が石炭による火力発電なのだ。今のところ、インドの二酸化炭素の排出量は、中国や米国よりも少ないが、じきに逆転するだろう。
インドは、今も日照りと洪水に痛みつけられている。また、相変わらず水不足も深刻だ。

環境の改善が、民主国家インドの最大の政治課題となる日は近いだろう。

(つづく)

プロフィール

August Party

Author:August Party
元気な南アジアの作家達をともに発掘してゆきましょう。気分でその他のジャンルも取りあげたい。
画、舟越直木作“微笑む少年”2009年

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR