FC2ブログ

52.横井清『的(まと)と胞衣(えな)』 (平凡社ライブラリー、初版1988年刊)

ena+005_convert.jpg 的と胞衣』という本は
中世における「いのち」のあり方に近づこうとする
たとえば
殺生の罪行というイデオロギーのあたりに
「殺生の愉悦」もまたあったのだという

敵を殺害する武士の
鮮やかな「いのち」の昂揚をうたう
またそのそばで
賤民は「いのち」に付随する穢れをきよめる
「いのち」をめぐる至上と穢れの同心円を
著者はよく練り上げられた文体で描きだす

しかし この本の内容が深くて難解なのは
じつは システムを拒む一見ランダムな
断章の繋がりにある のではないか
つまり横井氏の自由な連想 問題意識にそって
歴史のエピソードが
奔放に つぎつぎに繰り出されてくることだ
まるで中世における暗号化された
呪詛文書のように それは
新しい歴史記述のあり方を
戯れながら 実演しているのかも知れない


   『一遍聖絵』にある「はすかいによじ登って遊んでいるふたりの子供」に横井氏は注目する。「人はなぜふとしたはずみで『あそび』だすのだろう」と問うのだ。僕は、これを読んで、上階の踊念仏の熱狂と子供との関係を楽しく想像する。つまり、大人の熱狂に感応して遊ぶ子供というよりは、大人の熱狂に退屈して自らの遊びを始める子供を、あるいは、その子供の遊ぶ姿が踊念仏の熱狂を突き放して見ている、相対化しているようにも思えるのだ。

   この本には、実に刺激的な解釈が満載されている。一例をあげると、謡曲『鵜飼』を、殺生の罪行ではなく、狂言『靭猿』(うつぼざる)などと接ぎ木することによって「殺生ほど面白いことはない」という驚くべき読解に導くのだ。しかし、僕はそれら多くの興味深い指摘・読解とは別に、冒頭の「的(まと)と胞衣(えな)」という文章を一番強く応援したい。

   「的と胞衣」は、講演のような語り口で、一見脈絡のない独立した考察が、ランダムに物語られてゆく。形式的なシステムへの拒否の感覚を感じ取ったのは読み終えてしばらくたってからだけれども、読みだせば、通常の歴史エッセイとも、無論学術論文とも違うスタイルを直ちに読者は感じ始まるはずだ(出典についてはしっかりとした注がついている)。

ippenn+003_convert.jpg

   「的と胞衣」は“弓矢の技芸”における的の話から始まる。なぜ人は、的を射ることに夢中になるのか、と。そして「突然妙な話題に転じ」(保元の乱、『太平記』における公家と武士が意見対立した軍事会議)、さらに頼朝の十二歳の長男頼家が初めて鹿を射止める件となる(頼朝の喜びようと鎌倉の政子の冷淡な反応の対照が面白い)。鹿狩りについて、当時における鹿狩りの社会的機能となぜ鹿なのか、という問いも興味深い。しかし、僕が立ち止まり少しく考え込んでしまったのは、名のある弓使いの大鹿を射止めそこなう物語だ。工藤影光という老武者(おいむしゃ)は、頼朝のまえで大鹿を射損じたあと「あの大鹿はきっと山の神の乗り物なのでしょう。わたしの人生も縮まってしまった」と言い、発熱し床に臥す。武士としての誇り、名のある弓使いの恥辱を読みとるのではなく、横井氏は、ここでも深く心に沁みる生命についての洞察を明かす。「精魂こめて狙い定めた相手の『いのち』を『山神』が己に賜らなかった、そのことを歎じた」に違いない、と。 

   「犬追物」という犬を騎射する武芸と「胞衣」(胎児を包んでいた膜)の処分の仕方についての論説が、この文章のハイライトなのだろう。この二つの歴史事象に共通するのは、実は賤民だ。彼らが、イベントを下から支えるべく犬を集め世話しゲームの段取りをする、また生命の誕生に付随する穢れとしての胞衣をきよめ処理する。武士とその影にある賤民が、同じ「いのち」をめぐって陽と陰の働きを演じている。差別と支配の向こう側に、「いのち」をめぐる円環が形づくられていて、役割を違えても、同じ「いのち」に対峙し支えあい、息を吹き込み、またその役割において生活していた人々がいたのだ、と思えてくる。

   しかし、それでもなお僕にとって問題なのは、この文章がそんな生半可な感想・要約にはおさまりきらない迫力を感じることなのだ。つまりこの文章には、このテキストを統一的・全体的に、あるいは抽象化して理解することを拒む力が働いている。そういうことよりも「この耳では一度も聞いたことのない」中世武士たちの声、馬のいななき、蹄の音を聞こうと囁き、また彼らの雄姿の影に従う賤民の息遣いに耳を傾けてみよう、という誘いが聞こえてくる。それは、ひどく捉えるのが難しい遠い時代の「いのち」に近づいて見てみようという試みだ。

   いずれにしても、講演風な装いを持つこの文章は、一見とっつきやすい印象とはうらはらに、深く、とても難解だ。いくつもの魅力的なエピソードと型にはまらない解釈が、著者の自由な連想によって次々に繰り出されてくるからだ。それはある時は謎めいていて、ひょっとすると横井氏自身が本来の意図を隠しているのではないかとさえ思えてくる。横井氏がいくらか興奮してこの本で紹介している中世における暗号化された呪詛文書(三浦圭一郎氏の解読による)のようにも見えるのだ。

   中世史という研究領域に魅力を感じつつも、その歴史記述の方法について僕は何となく不満を感じてきた。つまり歴史の記述は客観的で、不変の、科学であるべきだ、あるいはありうるとする信仰に対して、違和感をもつ(まるで戦争責任への批判として歴史学が存在しているかのように)。そうではなく、歴史の記述を、歴史的事実という迷宮から救いだし、豊かに膨らむ読者の想像力を期待しつつ、過去との対話、死者との対話を語ってゆくことこそを遊び楽しみたい。ごく控えめに言って「的と胞衣」は、歴史科学のむこうにあるより豊かな歴史記述への実験を含んでいるはずだ、と僕は考えたくなる。

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

36.横井清『室町時代の一皇族の生涯―「看聞日記」の世界』(講談社学術文庫2002年刊、原著1979年刊)

祖父に崇光天皇をもち
子に後花園天皇を持つ貞成親王(さだふさしんのう1372年ー1456年)の
『看聞日記』(かんもんにっき)を読み込む本書は
見慣れぬことば 難解な漢語で
初め読者を面食らわせるかも知れない
しかし とっつき難い最初の扉を思い切って開けてみると
実に面白く 楽しく遊べる世界が広がっていた
歴史書とも文学作品とも言い難い本書は
貞成親王という好奇心旺盛な個性と
一筋縄ではいかない著者の個性がないまぜになって
中世の夢幻世界を
伏見庄の四季と生活から京の噂話まで
また 生の厳しい現実を
虚名(濡れ衣)や計会(資金繰り)に苦しむ
貞成親王のきわめていきいきとした姿を
現代の私たちのもとに届けてくれる
そこに仄かに見えてくるのは
人の一生の時間の流れとは多くの障害に充ちているけれども
幸福もまたさまざまであるという
実に凡庸な結論なのだ

 
   これも一種の覗き見趣味なのか、僕は他人の日記や書簡の類を読むのが結構好きで、荷風の『断腸亭日剰』は今でもたまにページを開くし、一時期随分熱心にエリアーデの『日記』(未来社)も読んだ。また最近の収穫では『中江丑吉書簡』(みすず書房)が非常に面白かった(中江丑吉は、兆民の息子で古代中国政治思想の研究家)。だから皇族の日記を読み込むこの本も随分前から気になっていて、一度は読破を試みたのだけれども、ディティールにつぐディティール、馴染み少ないことば・漢字に気押しされて読み通すことができなかった。しかし、本とは不思議なものだ。一度ダメでもある期間をおくと読めるようになる。今回もゆっくりこの本を読み始めると、スーと内容が入ってくる感じなのだ。日記の細かな記述を通して中世の人間の姿が(『看聞日記』の綴った貞成親王ばかりでなく、代々の足利将軍、取り巻き、文化人、さらには将軍家の作庭に携わる河原者など)、また、中世という時代や文化が仄見えてくることに強い感興を覚えた。横井氏自身は「こんなにも地味な中味の史書」と謙遜して言うが、ちょっととっつき難い最初の扉を思い切って開けてみると、実に面白く、楽しく遊べる世界が広がっていた。

sadafu+002bbb.jpg
千数百円でこのような味わい深い読書ができるとは
書物とはあり難いものだ

   『中世民衆の生活と文化』(講談社学術文庫)で横井氏は、山城の国一揆に関連する起請文に触れて中世における責任ある大人を十五六歳ぐらいからだ、と論じた。
   ところで、この本で最初に眼をひくエピソードが、『看聞日記』を綴った本人・貞成(さだふさ)親王(1372年ー1456年)の元服の式なのだけれども、何とこの時、貞成親王はすでに四十歳なのだ。浅学の身としては、四十歳にしての元服は驚きだ。とりわけ、『中世民衆の生活と文化』で取り上げられた成人の下限十五六歳を思うといかにも遅い元服が妙な迫力をもって迫ってくる。祖父に崇光天皇をもち、子に後花園天皇を持つとはいえ、無位無官で過ごした若い年月、部屋住まいの窮屈、計会(金の工面)の苦労、さらには薙髪(ちはつ)を免れたい気持ちなどを考えると、この遅い元服式が何とも言い難く同情の念が湧いてくる。

   元服式の記述は具体的で詳細だ。さらに読み進むと、式の執行・進行がよろずに「略儀」「左道(さどう・粗略)」であると貞成が不満をあらわにしていることを知り、僕は今一度驚く。皇室が儀礼を粗略に扱うものかという驚きもさることながら、それもまた現実であるなら貞成親王が粗略な儀礼に苛立つのもまことに人間らしく、さらにそれが親王の不遇と重なって、貞成親王への思い入れを感じないではいられなくなってくる。

   応永二十三年(1416年)は、この本にとってひとつの区切りを示す年だ。つまりこの年、貞成親王は『看聞日記』を書き始める。また一つには、父栄仁(よしひと)親王が閉眼する。しかし、この本を読む楽しみはそのような目印になるような出来事とはべつに、繰り返しになるけれども、さまざまな出来事の具体的な記述に触れ得ることなのだ。たとえば将軍義持への痛憤、突然の難聴(亀の尿を使った薬を耳に点滴し快癒を得る)、所領の安泰のために家宝の名笛「柯亭」(かてい)を後小松院に進呈しようとする策など、じつに自分が中世という時代のなかにいて、皇族の噂話を実際に聞いているようなリアリティに酔いしれることができるのだ。

   歴史の大きな流れからみると些細な出来事の繋がりのなかで、この本にとっては第二の読みどころとなる兄治仁王の急逝(応永二十四年、1417年)の段に進行してゆく。
   治仁王の急逝の前段がまたいい。治仁王は、「博奕(ばくえき)の会」(ギャンブル)を繰り返し、弟貞成親王は、「まずいな」と思うがじっと我慢する。「日次記(ひなみき)で記されることばは『不可全歟』(しかるべからざるか)というわずかな文言なのに、治仁に対する非難の底意地が、さながら炙(あぶ)りだしのように浮かんできている」と著者は書く。

   そして父亡きあと二月にして治仁王が、痛風の病で頓死するのだ。

   治仁王の急逝の段が盛り上がるのは、今述べた連夜のギャンブルの会だけでなく、異様な医師の突然の来訪、体調の急変に一人貞成が立ち会う間の悪さ、侍医がなかなか到着しないもどかしさ、貞成が異様な医師が持ち込んだ薬を治仁王に呑ませようとしたこと、またとどろき渡る加持祈祷の音声など、推理小説の劇的な一場面を構成するような道具立てがそろっていて読者もその事件の推理に参加することができる。著者は、治仁王の頓死について、暗殺の線も含め三つの仮説を述べているが、読者はその仮説を吟味し楽しむこともできるのだ。しかし、僕がちょっと唸ってしまうのは、むしろ後段の話で、まず一つには治仁王の荼毘についてであり、つまり大光明寺の長老が治仁王を荼毘にふすのを嫌がった。理由はともあれ宮家ともあろうもののこの不自由は一体何なんだろうと僕は思う。そして、僕の想像力を遥かに超えた皇族をめぐる歴史の実相に中世史を読む興味を新たにするのだ。

   さらに貞成親王は僕らの常識からは理解しづらい振る舞いをでた。
   貞成親王の近臣が、治仁王が毒殺された可能性を将軍家へ密告した。貞成親王はその虚名(濡れ衣)を晴らすことができたのだが、問題は、貞成親王がその「野心相存する近臣」を追求することなく、捨て置いたのだ。伏見宮家の新しい主君として逆臣を捨て置くなどあり得ぬことだし、どうにも示しのつかないことのように思える。著者の言葉を借りれば「なんとしても不可思議の一語に尽きる」と。日記には書きづらい事情があったのか、あるいは、現代からは推し量りえない中世という時代における人間性を推し量るべきなのか、僕には分からない。不思議な感興を僕は覚える箇所なのだ。

   貞成親王は、治仁王毒殺という虚名(濡れ衣)によって窮地に立たされたわけだが、この『看聞日記』を通して見ると、治仁王の頓死の場合のみならず何度か虚名に苦しめられた。思い出すままに書くと、称光天皇に仕える女官が懐妊した時、また、後小松院に仕える女官の懐妊についても同様の虚名にさらされたのだ。前者については、事態は深刻で、称光天皇、後小松上皇、将軍義持ら権力者の思惑が絡み合い、貞成親王の破滅の危機でもあったのだ。後者については、バカバカしいほどあり得ぬことなのに「請文」の提出を命じられる屈辱を味わった。これらの虚名に対する対応は、逆臣を処罰することなく捨て置いた貞成親王らしく、天を仰いで「虚名おそるべし」を繰り返すのが主なのだが、当然のこととして情報収集・調停斡旋・交渉があったことを窺わせ、それもまた歴史の実相なのだと納得させられる。要するに、安易なステレオタイプとは違う歴史を味わうことができるのだ。恐るべき将軍義持にしても、風聞を鵜呑みにして権力を乱用するのではなく、自らの政治目的のための事実聴取を行い、事実を確かめているのが印象深い(乱会に及んだとされる伏見での猿楽について、それを演じた「岩頭」を呼び証言させた)。

IWA01bbb.jpg
石清水八幡宮
応永二十九年(1422年)貞成親王は四歳になった彦仁(後の後花園天皇)
を伴って石清水八幡宮を参詣する。・・・この本に見る『看聞日記』には、
父と子の情愛がしばしば感じられてそれが愛おしい。逆に、応永三十一年には
長女あ五々御所(九歳)が知恩院に入室し尼になる。「『家』に無用の男子は僧とされ、
娘は尼にされる」と著書は書く。


   初版の副題が「『王者』と『衆庶』のはざまにて」とあるように、この本は時の権力の周辺での喧噪のみならず、その他の「衆庶」に係ることについても具体的で生き生きとした記述を読者に届けてくれる。伏見の庄といういわば郊外の四季や生活について、また、茶会や歌会、音楽、猿楽についても饒舌だ。京の噂話についても(幽霊や愛宕山の天狗の話)、大旱魃、飢饉の様子についても詳しい(京に飢えた衆庶が流れ込み「乞食充満」、川筋に住む底辺層から発生した疫病は公家の間にも死者を続出させた)。またそんな時代、南朝の残党が御所を襲うこともあったのだ。隣家との垣根をめぐる争いも面白い。そういえば、領地における境界争いも貞成親王を怒らせ頭を悩ませた。
  一行一行が味わい深く楽しく興味深い。ディティールの集積である本書を、僕はあえて要約不可能な魅力と言いたい。本書を読むことで歴史の通念とは違うくっきりとした中世の姿が仄かに立ち上ってくるのが何とも素晴らしいからだ。

   本書のページを閉じてぼんやりと僕は二つのことを考えている。
   一つめは、なぜ貞成親王が、『看聞日記』を書いたのかという疑問。またひとつには、本書は歴史書でも文学作品でもない、という感想だ。
   一つ目の問については、関連情報がいくつかあって、ア、貞成親王は『看聞日記』以前には日記を書いていないと宣言していること、イ、実は、『看聞日記』以前にも日記を書いていて、ただし重要なイベントに関する記述を除き破棄されたようだということ、ウ、貞成親王が膨大なエネルギーを注いで『看聞日記』を清書していること。・・・日記を書き続けたことについていろいろな類推が可能なのだけれども、ここでは「栄仁・貞成らの置かれた境涯は、一口でいうと『不遇』の一語に尽きていた」という著者の言葉を書き添えておきたい。皇族としての伝承すべき重要事項を記録しておくべきだという当為よりも、「不遇」を昇華しようとする本能を僕はより強く感じる。
   二つ目の、本書が歴史書でも文学作品でもない点については、氏の恩師、林屋辰三郎の本書に対するコメント「日記を扱うのに、あんなふうにやったとはな」が如実に本書の性格を言い当てているように思える。つまり、本書は、学問が歴史を扱う通常の手法を大幅に逸脱しており、そのため研究者や先生にははなはだ不評である一方、一般の読者には地味で厳密すぎる。しかし、僕も含め歴史や文学を好むやじうまの中には横井氏が著した極めて個性的なテクストにたいする熱烈なファンが存在するはずだ。その個性とは前著『中世民衆の生活と文化』ではからずも語られている「自分でももてあますぐらい我儘で癖のつよい気性」ということばがそのままあてはまる。一筋縄ではいかない個性とエクリチュールの振幅に読者は存分に戯れることができるのだ、と僕は言いたい。
プロフィール

August Party

Author:August Party
元気な南アジアの作家達をともに発掘してゆきましょう。気分でその他のジャンルも取りあげたい。
画、舟越直木作“微笑む少年”2009年

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR